注目されるうつ病

うつ病治療を受けるには

 近年、うつ病にかかる人は多く、一生涯にかかる確率は30〜40%程だと言われています。そして、うつ病が重篤になると自殺に至る危険も出てきますが、年間の自殺者数は3万人にも上るとの統計結果も出ています。そのため、最悪の事態を避けるためうつ病の治療を開始しなければなりませんが、うつ病の治療は一般的には精神科の病院で行われています。そして、その治療方法も薬物療法が基本となります。人によっては医師の判断の下、臨床心理士によるカウンセリングが始まったり、入院治療となったりします。精神科の受診は人によっては敷居が高いと感じられるかもしれませんが、そうした人にはメンタルクリニック等を受診した方が気軽に行けるのではないでしょうか。

うつの改善が注目される理由

 うつ病は放っておくと、重篤化し、最悪の場合、死に至ることもあります。それゆえ、自殺者の多い現代においては、うつ病の改善に関心が集まっています。また、うつ病の治療も一昔前であるなら、薬物療法のみという場合が多かったですが、最近では薬物療法の他、臨床心理士によるカウンセリングや認知行動療法もある他、心理社会療法として精神科デイケアや、訪問看護といったサービスもあります。そのため、以前よりもうつ病の治療法は多様になっており、もし、うつ病になったとしても選択肢も多いものとなっています。そして、治療後には社会復帰を目指すべく、作業所の通所や就労支援といった地域のサービス等もあります。それゆえ、うつ病治療は注目されるものであり、うつになったからと言って悲観するものでもありません。