ストレスを撃破する

ストレスをなくして予防しよう

うつ病にはさまざまな症状があらわれます。うつ病さまざまな症状を引き起こしているのは実は脳が関係しています。 脳の中ではさまざまな神経伝達物質が働いています。おもな役割としては生きていくのに必要な「食べる」「歩く」といった行動に指令を出す働きをしています。 他にも「セロトニン」「アドレナリン」「ノルアドレナリン」という物質がストレスや疲労の軽減、快楽を与えたりしています。これが過度のストレスなどで減少することにより意欲の低下、気分の落ち込みを招いていると考えられています。 うつ病はその人の性格、考え方、生活環境、日常生活での過度のストレスが複雑に絡み合って引き起こされていると考えられています。 うつ病の遺伝因子を持っているからといって必ず発症するわけではない。 つまり予防することも可能であるということです。

治療法は薬だけじゃない

うつ病の治療は薬物療法と精神療法がおもな治療法です。 薬物治療では抗うつ剤が使用されます。うつ病の症状には脳内の神経伝達物質が減少し、伝達がうまくいかなくなるため起こります。 治療に使われる抗うつ剤は、神経伝達物質が減少するのを防ぐため情報が伝わりやすくなるという働きを持っています。 薬物療法はうつ病治療の要ですが、適切な使用を行わなければ効果を発揮できません。 一般的に服用を始めてから効果が出るまでに2〜4週間かかります。そこからもう2〜4週間は薬が本当に効いているかを判断するのに必要です。「薬が効かない」と自己判断で服用を中止するとうつ病を悪化させる原因にもなります。 現在では食事によるうつ病の治療も行われています。薬の服用が怖いという方は、まずこちらを試してみるのも一つの手でしょう。