非定型うつ病

非定型うつ病は、声かけで治療期間が短くなる

近年、若い女性に多いうつ病の一つとして、非定型うつ病というのが多い傾向にあります。非定型うつ病は、楽しいことがあると元気になりますが、落ち込んだ時や不安な気分になると、死にたくなる程の気持ちになってしまう症状が起こります。普通のうつ病とは違い、過食ぎみの食欲になり体重が増えてしまうことが多いのが、非定型うつ病の特徴でもあります。 非定型うつ病の方に対しての取り組みで、周りからの言葉かけが重要視されています。普通のうつ病とは違い、非定型の患者への頑張れなどの励ましの言葉は、治療中の患者にとって大きな薬として効果的となっています。治療中に弱音を吐いてしまったときでも、励ましの言葉をかけてあげると良いと思います。

非定型患者を短期間で回復させるには

非定型うつ病になってしまった方は、治療期間が短ければ短いほど良いと考えます。普段の日常で取り入れると、回復が早くなる方法があるのでご紹介します。 まず、重要なのは安静にすることです。これはどの怪我でも病気でもいえることなので、安静にすることが第一条件と考えます。 治療中は、治すという強い意志を持ち続けて生活していきましょう。意志が弱くなってしまうと、身体や心の機能が遅れるため、その分治療も長引いてしまいます。安静にしつつ、普段の生活において、小さな目標を持つことから始めると、スムーズに治療が進むと思います。朝起きたらカーテンを開ける、顔を洗うなど小さな目標を常に実行していくのも良いと思います。小さい目標を積み重ねていくことで、自然と回復しているケースも多くみられます。