病気と上手く付き合う

うつ病と診断された時にはまずは病気である自分を受け入れて、あまり気にすることなく自分のペースで治療を進めていくことが大切です。上手く治す為にも休息を取りながら進める必要があります。

もっと詳しく

ストレスを撃破する

うつ病の原因となる大きな原因にストレスがあります。うつ病の治療方法は薬物治療だけでなく精神療法も同時に行われ、両方の治療を上手く組み合わせることによって心身共にリラックスできる状態になります。

もっと詳しく

注意点について

うつ病の治療を行う時の注意点

うつ病の治療を行う時には、どういった病院でうつ病の診断を行ってもらう事ができるのかという点について確認を行った方が良いです。 また、うつ病の中でも、どういった症状が出ていてうつ病かもしれないと感じたのかという事で、病院の科が異なります。 精神的な部分が大きく、私生活に影響を与えるようであれば精神科が適しており、肩こりや胃痛などを伴っていて、ストレスが原因となるのであれば、通常の場合心療内科が適した医療機関です。 どちらかわからないという場合には、心療内科に出向く事で、治療についての説明を受ける事ができます。 一般的には似た扱いをされる2つの科ですが、診察する医師によって変わってくる場合もあるので、まずはどちらかの診察を受けて判断すると良いです。

治す時に知っておくと良い情報

うつ病の治療を行う前に、どのような事が個人の中でのストレスになっているのかという事は知っておいた方が良いです。 また、それがわからないという場合であれば、食生活が偏っていないかという事や、生活習慣の見直しを行った方が良いでしょう。 特に生活習慣が朝起きて夜眠るという習慣でないという場合などには、悪い生活習慣が原因となる場合があります。 日の光に当たらない生活などを送っていると、脳内のセロトニンが少ない状態となってしまい、うつ病になるというケースも少なくない事は覚えておくと良いです。 治療を行う時には薬を服用しながら、健康的な生活を送る事で病気の改善をする事ができるという事を覚えておくと、より完治も早いでしょう。

うつ病の治療について

うつ病の治療について、私なりの見解をご紹介いたします。 うつ病というものは精神系の病ですので、実際に他者に病気の重さを証明することはできません。しばしば詐病だと言われることもあるでしょう。しかし本人にとっては死活問題になっているケースもあるため、周囲も無責任に非難する事はやめた方がよいでしょう。 そしてうつ病を実感している本人も、他者の心無い言葉を真に受ける必要はありません。専門家や医師の診断を仰ぎましょう。それも出来れば複数の方の意見を聞くことが良いでしょう。 薬物治療よりも、カウンセリング療法が効果的の場合もありますし、その逆もあります。東洋医学に頼る方法もありますし、一般的なストレス解消方法を片っ端から試す方法もあります。

大切なことは意識しないこと

そしてうつ病治療にとって最も大切なことは、病を意識しないことです。これはうつ病だけではなく、あらゆる精神系の病に言えますが、意識した瞬間に病になるということです。 たとえば神経症もそうですが、神経症を治したいと思うと、症状が悪化するのです。そして治したいのに、何をしても治らないという悪循環に陥ります。これはうつ病も同様です。 神経質にならないことです。食事療法も大切ですが、神経質になるくらいなら、3日に1回は好きなものを食べた方が良いのです。それでまた約束を破ったことでストレスを感じる人もいるでしょうが、そのような意識は病は深めます。そのうち摂食障害も招きます。 ある程度ずぼらであるというのは、うつ病治療上においても大切なことなのです。

TOPICS

非定型うつ病

うつ病にも様々な種類がありますが、中でも非定型うつ病は特に女性が多く発症するものと言われています。このうつ病を改善するためには周囲の声掛けや心身共に安静にしておくことが大切です。

もっと詳しく

注目されるうつ病

誰しもがかかる可能性があるのがうつ病で、中には自殺に追い込まれる人もいます。このように大きな問題になりかねないうつ病を改善していく為に、国や地域で様々なサービスが展開されています。

もっと詳しく

精神的ストレス

うつ病で悩んでいる人の多くは、長期にわたってストレスを抱え続けたことが原因と言われています。うつ病は治療援助も受けることができるので、うつ病の可能性があれば早めに病院へ診察に行くことが大切です。

もっと詳しく